ナーフ後アンルシアククールデッキ

ランキング上位の人が使っていたアンルシアククールを紹介します。
使い込んでいないエアプなんで、とりあえずデッキリスト加工なしで載せるけど
これ変えたほうよくね?って案があるのでカード交換候補に載せておきます。

目次

デッキコンセプト

序盤を優秀なおおドラキーやブラックマンティスでやり過ごし
後半はグレイナル、勇者の心で押せ押せで戦えるデッキとなります。

デッキリスト

1コスト

1コスト 枚数
パワースナイプ 2
サンディ 1
勇者姫アンルシア 1

2コスト

2コスト 枚数
おおドラキー 2
ミラクルソード 2
ブラックマンティス 2
バギマ 1
ホワイトビート 2

3コスト

3コスト 枚数
フォズ大神官 1
ヤンガス 1
シーゴーレム 2
サンチョ 2

4コスト

4コスト 枚数
二フラム 2
フォレストドラゴ 1
ウィングタイガー 2

5コスト

5コスト 枚数
ニードルラッシュ 1
フローラ 1

7コスト

7コスト 枚数
グレイナル 1
マルチェロ 1
破壊神シドー 1

マナリスト

カード交換候補

バギマ⇒ニードルラッシュ

盤面負けでバギマの条件を満たすにはサンディを引き込んでいる必要がある。
確かにバギマ刺されば強いけど、ちょっと使いにくいカードでしょうね。
だったら無難に使えるニードルラッシュでいいんじゃねと

フォレストドラゴ⇒ダークドレアム

対テリーメタカードのフォレストドラゴだろうけど、グレイナルタイムで引くと腐っちまうのが難点。
ダークドレアム入れて終盤力を上げたほうが勝ちを拾いやすいかと。
ニードルラッシュあるからドレアム先投げが出来るのもククールを使うメリットだね。

マリガン

アグロ系の早いデッキにはとにかく低コストをキープして、序盤をやり過ごそう。
二フラムで3体ほどまとめて倒せると勝利はグッと近づくはずだ。

早いデッキ以外は冒険者をキープできるようマリガンしよう。

デッキの勝ち筋

相手のリソースを枯らすかグレイナルでごり押しの2つが勝ち筋となります。

・粘ってグレイナル連打、相手は死ぬ。

大体の勝ちパターンはこれ。ミラーや対トルネコ戦はデッキ尽きるまで戦うハメに・・・

・粘って相手のリソースを枯らす

アンルシアの勇者の盾つえーんだわ。回復、ダメージ軽減のセットは相手の心を折るには十分な威力です。

デッキリスト

アンルシアククールデッキはこちら

最後に

コントロールデッキは使ってて楽しいけど、このデッキフィニッシャーがないのよね。
大体長期戦になるからランキング盛るぜって使い方は向いてないかなぁ
私のライバルズはククールが使用率1位なのに最近使わない理由は
タンバリンリーサル、反転リーサルが好きだったからかもしれません。
今のククールは戦えるけど、そう例えるなら豆腐の入ってない麻婆豆腐みたいなもんに感じます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

突き詰める、徹底する。

わからないままで放置しない。
どうして?を探求する毎日。

ふと思ったことや、会社で役に立つ内容をアウトプットしています。
詳しいプロフィールはこちら

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる