サロンビジネス典型的なオワコン例:脱社畜サロン

サロンビジネス典型的なオワコン例:脱社畜サロン

ふとTwitterを眺めていると流れてきた
脱社畜サロンがガンガン減っているというツイート

個人的には順当と思うし、こうやって話題にするのも電子ゴミを生み出しているようで
不快に感じるが、簡単な事の顛末と個人的考えを残そうと思う。

本当にあり得ない勢いで減るサロン人数。

確か去年12月くらいに出来たんだっけかな?

  • 1月は3000人
  • 2月は2000人
  • 3月は1000人

減り方がえぐい。というか何でこんなに減らせちゃうの?
こういう商売って出来るだけ寿命伸ばした方が、単価上がってくのに
目先の金に踊らされてるな、というのが正直な感想です。

脱社畜サロン主催者、正田圭氏の経歴に疑惑

2〜3桁億円をメインとしたM&Aコンサル会社を名乗っている正田圭さん
これが・・・正直怪しいんですよね。
個人的な意見だと、発言がめっちゃ薄い。
極めている人間って、隠し切れない力を持ち、発言や立ち振る舞いに力をまとってるけど
正直全く感じない。
本人曰く、経歴詐称を否定。ただし否定根拠のエビデンス無し。


田端さんも言ってるんけど、何でこういう対応出来ないんですかねぇ。


こんなツイートとかもう、君何がしたいの?
って具合の人間が脱社畜サロンの主催者の1人だったんだよね。
そら、サロン人数減るのも不思議では無いって話です。(それにしても減りすぎ・・・)

炎上系インフルエンサーから何を学ぶのか

サクッと脱社畜出来るなら、会社員やりながらビジネス育てて
起動乗ってきたら独立すればいいだけでしょ。

人脈づくりでコミュニティ入るなら、OK
ただ目的無く入ったとしたら、脱社畜出来ないでしょうね。

サロンに入るのは単なる手段であって目的じゃないし

独立するなら、自分のキャリアプランを見据えて行動し
スモールビジネスを休みの日や会社終わりにまわせば良いよね。

サロンに入っても欲しいであろう「なにか」は手に入らないと思うけどなぁ

フリーランスは地獄

炎上系インフルエンサーの語りはポジトークすぎる。
この動画を見て大体納得できる内容だったので紹介したい

会社員よりフリーランスの方が時間の自由もないし辛いよって話【脱社畜は優秀な人のみ可能】

優秀じゃないなら、社畜の方がいいですよってことです。
少し考えればわかるよね。

最後に

特にやりたい事が無くて起業したいなら、起業しようとしている人を友人に持って
創業メンバーの一員になるのが現実的かと思います。

現状を打破したいなら、転職するなり住む地域変えるなりして
環境を変えよう。やるべきことの優先順位1位がサロンに属するなら
その方は社畜向きです。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA